YEAR

2024年

  • 2024年6月24日
  • 2024年6月27日

日光黒子

日光黒子(にっこうこくし)とは、一般的に「老人性黒子(ろうじんせいこくし)」とも呼ばれる、日光にさらされることによってできる茶色い斑点のことです。これは、主に顔、手の甲、腕など、日光がよく当たる部位にできやすと言われています。 主な原因 日光黒子は、長期間にわたって紫外線にさらされることが原因で起こ […]

  • 2024年6月24日
  • 2024年6月27日

多発性角化症

多発性角化症(たはつせいかくかしょう)とは、皮膚に小さな角化した(硬くなった)部分が多数できる病気です。これは、特に高齢者に見られることが多く、「老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)」とも呼ばれることもあります。 主な特徴

  • 2024年6月24日
  • 2024年6月27日

表在性瘢痕

表在性瘢痕(ひょうざいせいはんこん)とは、皮膚の表面にできる浅い傷跡のことです。これは、怪我や手術、ニキビなどによって皮膚がダメージを受けた後にできることが多いです。表在性瘢痕は、深い瘢痕と違って皮膚の表層だけに影響を及ぼし、時間とともに薄くなることが多いと言われています。 特徴 主な原因

  • 2024年6月24日
  • 2024年6月27日

ケミカルピーリング

はじめに ケミカルピーリングは、新しい皮膚の成長を促し、肌表面の質感と外観を改善することを目的として、特定の深さの損傷を皮膚に作るために使用されます。ケミカルピーリングの剥離効果は、新しい表皮の成長と真皮層のコラーゲン産生を刺激し、メラニンをより均等に分散させます。ケミカルピーリングは、作用の深さに […]

  • 2024年6月24日
  • 2024年6月27日

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着(えんしょうごしきそちんちゃく)とは、皮膚が炎症を起こした後、その部分に色素が沈着し黒ずんで見える現象のことです。これは、ニキビや怪我、やけどなどで皮膚がダメージを受けた後に起こることが多いと言われています。 皮膚が炎症を起こすと、体はその部分を治そうとして色素細胞(メラノサイト)を活 […]